専攻科の制度

専攻科の教育目的

専攻科の目的(使命)

 専攻科は、高等専門学校における教育の基礎の上に、精深な程度において工業に関する高度な専門的知識及び技術を教授研究し、もって広く産業の発展に寄与する人材を養成することを目的とする。

生産システム工学専攻の教育目的

 生産システム工学専攻では、主として機械工学科、電気電子工学科および情報工学科を卒業した学生を対象に、高専の5年間の教育で修得した基礎知識を基盤として、プレゼンテーションや英語によるコミュニケーションの能力を高め、生産システムに不可欠な機械工学技術、電気電子工学技術、情報工学技術の専門性を深めること、さらにこれらの専門技術を複合させるとともに、 PBL(Project Based Learning)方式の複合型課題実験やインターンシップ、特別研究などを通して実践力や解析能力を養うことによって、ロボットや情報通信システム、エネルギーシステム等の開発・設計・製造などに活かす力を備えた実践的技術者を育成することを教育目的とする。

環境システム工学専攻の教育目的

 環境システム工学専攻では、主として物質工学科および環境都市工学科を卒業した学生を対象に、高専の5年間の教育で修得した基礎知識を基盤として、プレゼンテーションや英語によるコミュニケーションの能力を高め、環境システムに不可欠な土木・環境工学技術、化学・生物工学技術の専門性を深めること、さらにこれらの専門技術を複合させるとともに、PBL(Project Based Learning)方式の複合型課題実験やインターンシップ、特別研究などを通して実践力や解析能力を養うことによって、材料の開発や、社会基盤、リサイクルシステム等の計画・設計・施工などに活かす力を備えた実践的技術者を育成することを教育目的とする。

各専攻の概要
生産システム工学専攻

 機械工学科,電気電子工学科および情報工学科を卒業した学生に対し,5年間の基礎学力を基盤に,境界領域の諸問題にも対応できる知識と実践力を有し,従来の機械産業,電気・電子産業,情報産業に加え,ロボット,制御機械,メカトロニクス,情報通信,電子デバイス,ソフトウェアとハードウェアを統合する情報通信等新しい産業分野でも活躍できる人材を育成することを目標としています。

環境システム工学専攻

 物質工学科及び環境都市工学科を卒業した学生に対し,5年間の基礎学力を基盤に,安全で快適な市民生活の確保と維持等に力点を置いてカリキュラムを構成し,自然災害の防止,地球環境の改善・保全,資源の有効利用等に多面的な思考力や問題解決能力を持ち,高度な研究開発にも対応できる能力を有し,従来の物質製造を基盤とする化学関連企業,建設業界や官公庁公団に加え,環境,生物,材料関連産業,都市計画関連産業等でも活躍できる人材を育成することを目標としています。

入学時に必要な諸経費

入学料   84,600円
授業料   117,300円(年額234,600円の前期分)
※この金額は参考値です。最新の費用は専攻科学生募集要項をご参照ください。

入学料・授業料の免除及び奨学金制度
入学料の免除及び徴収猶予

 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者が死亡し、又は入学する者若しくはその学資を主として負担している者が、風水害等の災害を受けた場合など、特別な事情により入学料の納付が著しく困難であると認められる者は、本人の申請に基づき、選考のうえ入学料の全額又は半額が免除若しくは徴収を猶予される制度があります。

授業料の免除

 家庭の経済的理由又は風水害の災害を受けた場合などにより授業料の納付が困難であり、かつ学業・人物共に優秀であると認められる者は、本人の申請に基づき、選考のうえ授業料の全額又は半額を免除される制度があります。

奨学金貸与

 日本学生支援機構(旧 日本育英会)の規定に基づき、学業・人物ともに優れ、かつ健康であって、学資の支弁が困難と認められる者に対して、本人の申請に基づき、選考のうえ日本学生支援機構から奨学金が貸与される制度があります。