学科・専攻科

専攻科の制度

日本の技術者教育体制は大きく二つに分かれています。ひとつは高等学校を卒業後、大学へと続くものであり、もうひとつは高専の本科を卒業後、専攻科へと続くものです。 専攻科は,高等専門学校における教育の基礎の上に,より高度な教育・研究指導を行い,研究開発能力,創造力を有する実践的技術者を育成することを目的として設置されたもので、所定の単位を修得し、国の機関である大学 評価・学位授与機構が行う審査および試験に合格することにより「学士(工学)」の学位が得られます。また、「学士」の資格を得ることにより大学の学部卒業 生と全く同等に大学院へ進学できます。

近年,我が国における産業構造の変化は目覚しく,情報通信技術の加速度的な進歩とともに,多くの産業分野において労働集約型から知識集約型への急速な構造転換が図られています。さらには,産業間の構造障壁が取り除かれることによって専門技術の境界領域が広げられ,各企業の技術者に幅広い学際的知識と創造力,開発力が要求されています。本校専攻科では、創造的な技術開発能力,情報の高度処理能力及び提示能力,国際化への対応能力を総合的に兼ね備え,清廉な技術者倫理と地域への強い貢献意識を持った質の高い実践的技術者を育成することを目的としています。

授業関係資料(webclassへ)

レポート表紙・インターンシップ報告書・研究予稿などのファイルは、Webclassのコース[08専攻科]-[インターンシップ・特別研究]の[資料]欄からダウンロードするように変更しました。