single

学生生活の日常風景

第二回医工連携推進講演会(GEAR5.0事業)を開催しました。 2021.09.14

令和3年9月7日(火)に,第二回医工連携推進講演会(GEAR5.0事業)をオンライン(Microsoft Teams)で開催しました。

本講演会では,函館市医師会看護・リハビリテーション学院 作業療法学科 専任教員の千葉 馨氏を講師としてお迎えし,本科4年生を対象とした「生命科学概論」の授業の一環として、「医療福祉機器の対象者への医学的な理解について」と題して約50分にわたりご講演いただき, 47名(学生40名、教職員7名)が参加しました。

セミナーでは,支援機器の紹介や,医療福祉の支援機器を必要とする対象者の現状,介護の視点から見た支援機器の作成についての留意点など,大変貴重な内容をご説明いただきました。

 

また,質疑応答では受講者より実用化した機械の事故例に関する質問や,装具のデザイン製に関する質問もあり,アシスティブテクノロジー分野に対する関心の高さが伺えました。

オンラインによる講演会画面

学生生活の日常風景 詳細

2021.09.14 第二回医工連携推進講演会(GEAR5.0事業)を開催しました。

令和3年9月7日(火)に,第二回医工連携推進講演会(GEAR5.0事業)をオンライン(Microsoft Teams)で開催しました。

本講演会では,函館市医師会看護・リハビリテーション学院 作業療法学科 専任教員の千葉 馨氏を講師としてお迎えし,本科4年生を対象とした「生命科学概論」の授業の一環として、「医療福祉機器の対象者への医学的な理解について」と題して約50分にわたりご講演いただき, 47名(学生40名、教職員7名)が参加しました。

セミナーでは,支援機器の紹介や,医療福祉の支援機器を必要とする対象者の現状,介護の視点から見た支援機器の作成についての留意点など,大変貴重な内容をご説明いただきました。

 

また,質疑応答では受講者より実用化した機械の事故例に関する質問や,装具のデザイン製に関する質問もあり,アシスティブテクノロジー分野に対する関心の高さが伺えました。

オンラインによる講演会画面

学校案内

 学校長より
 校訓・教育目的・目標
 学校行事
 沿革
 アクセス
 組織・機構
 JABEEへの取組
 情報公開
 ダイヤルイン電話番号
 ロゴマークのダウンロード
 校章のダウンロード
 大学間連携共同教育推進事業
 障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領に基づく相談窓口

学科・専攻科

 アドミッションポリシー
 教育課程・シラバス・成績評価
 教職員一覧
 生産システム工学科
 物質環境工学科
 社会基盤工学科
 一般系
 専攻科

入試情報

 本科入学試験情報
 専攻科入学試験情報
 編入学試験情報

研究・産学連携

 研究シーズ
 もっとやさしい研究紹介
 技術相談・共同研究
 受託研究・受託試験・寄附金
 地域共同テクノセンター
 函館高専教育研究支援基金
 函館高専地域連携協力会

学生生活

 授業料免除・奨学金制度
 いじめ防止基本方針・いじめ防止等基本計画
 学費の比較
 学生会
 課外活動
 寮生活
 総合学生支援センター
 求人・進学案内
 学生の表彰・懲戒
 国際交流事業
 卒業生の進路
 学生意見箱

広報・公開講座

 学校要覧
 学校案内
 公開講座
 出前講座
 学校説明・見学会
 オープンキャンパス
 学校だより
 卒業生との交流について
 ラジオ番組

施設

 施設
 校内のご案内
 図書館
 共同利用施設
 総合学生支援センター
 地域共同テクノセンター
 技術教育支援センター