校章
函館高専
春潮寮
「安全な寮」
「規律ある寮」
「そしてきれいな寮」

寮務主事あいさつ

寮務主事 挨拶
寮務主事 柳谷俊一

 函館高専の春潮寮は、昭和38年に最初の新入寮生を迎えてから長い歴史と伝統のある寮です。 これまでに多くの卒業生を社会人・技術者として世に送り出してきました。 平成14年には女子寮が設置され、現在、男子寮と女子寮あわせて約210名の学生が共同生活を送っています。

 春潮寮は、「学校の指導のもとに、共同生活を通して学生の人間形成に資するための課外教育施設」として位置付けられています。つまり、春潮寮は学生が共同生活を通して豊かな人間性を身に付けるための寮です。ここで、豊かな人間性とは自らを律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心を持っていることを指します。寮での集団生活では必然的にコミュニケーションの機会が多くなり、人とのコミュニケーションのとり方が自然に分かってくるでしょう。また、寮には集団生活を送るためのさまざまなルールがあります。寮生の一人としてルールを守って生活することで社会性が身に付きます。寮での生活は学生を成長させる有益な機会を数多くもたらしてくれます。

 寮の施設に関しては、快適な寮生活を送るための施設として食堂、浴室、洗濯室、研修室、談話室、補食室が完備され、女子寮には入口に指紋照合システムが設置されています。また、管理面に関しては、昼夜を問わず、常時2名以上の教職員が学生の対応にあたっていますので、安心して生活することができます。

 遠方から函館高専への進学を考えている中学生の皆様や保護者の皆様には、このホームぺージで春潮寮についてご理解いただき、進路決定の参考にしていただければ幸いです。また、在寮生の皆さんやその保護者の皆様には、春潮寮をより良くするために、たくさんのご意見をお寄せいただきますようお願いいたします。