HNCT校章
函館高専
春潮寮
「安全な寮」
「規律ある寮」
「そしてきれいな寮」

平成27年12月21日(月)

春潮寮,冬休み前恒例の”餅つき大会”が行われました!

 春潮寮では,12月21日(月)17:00より,冬季休業前の恒例行事である「餅つき大会」を男子食堂にて行いました。この行事の主役は1年生であり,男子が餅つきを担当し,女子はつき上がった餅を大福餅や丸餅にしていきました。今年も”こね”は一般科目の竹花先生と,一部,この日の宿直の倉山先生,”合い取り”は生産システム工学科の小山先生と保健室の坪田さんにお願いしました。

 餅つきでは,整然と一列になって順番を待ちながら,一人一人が10回程度で杵を振るいましたが,餅つきを初めて体験する1年生が多いためなのか,みんなで2巡して餅つきを楽しんでいましたが,力が入りすぎたのか餅を外して臼をついてしまう寮生が何人かいて,杵が気の毒になりました!?。

 また,女子は,餅とり粉で全身真っ白になりながら餅を丸めていましたが,中には味見と称して頬張る1年女子もいて,こちらも冬休み前の最後の寮行事を楽しんでいたようです。

 出来上がったお餅は,先輩寮生に振る舞われましたが,今年も,雑煮・お汁粉・磯辺焼き・みたらし・きな粉・おろし納豆が用意され,色々な味でお餅を味わっていたようです。

 餅つき大会の主役は1年生でしたが,大会の流れを仕切った次代を担う3年生の寮生会役員や”こね”や”合い取り”を担当した教職員の皆さん,そして,今年も坪田さんのお子さんの子守役?を担った渡辺主事など,『春潮寮一家』で力を合わせた一大イベントは,一斗三升の餅を食べ尽くし,無事に終了しました。