2014年度情報創造実験2 東海林研究室

テーマ: 音楽情報処理の基礎

データ処理、C言語、楽器演奏の各演習等を通じて音楽情報処理の基礎を学ぶ。またタブレット向け音楽アプリを制作する実験をおこなう。

2013年度の内容

[1] データ処理演習

音声ファイルから演奏情報を抽出したり、イベント等で収集したアンケート等の結果を解析したりするためデータ処理の知識が必要となる。そこで実際のデータを使って初等確率統計学に関する演習を実施する。使用教材は情報数学2と情報理論で使っている教科書とし、定期試験で80点以上取れるレベルを目指す。

[2] C言語による音声ファイル編集演習

C言語を用いて音声ファイルを編集する演習を行う。使用教材は専攻科のディジタル信号処理で使っている演習問題+αとする。簡単な編集をできるレベルを目指す。

[3] 楽器演奏演習

実験やイベントでの実演等で楽器を使用する事が多いため楽器の演習を行う必要がある。 また譜面を読む訓練も兼ねる。使用楽器はピアノまたはギターで簡単な曲を演奏できるレベルを目指す。

※音楽経験者は免除とする。

・使用教材 短期終了バイエル教本

[4] タブレットPC向け音楽アプリ制作

メンバー全員でタブレットPC向けに何か音楽アプリを制作する。企画、スケジュール管理、プログラミング、評価まで行う。なお完成品は3月に本校で行うイベントに出展予定である。

[5] 4,5年合同ゼミ

時間が合えば5年生と合同でゼミを行う

→ 12/9(火) 実施

[6] 公開講座の手伝い

10/25(土)に「エレキギターのしくみ2014」という公開講座をするので、5年生と一緒に何人か手伝ってもらう。

→ 江守手伝い

[7] 日程


(第 1 回) 10/14/火

[レ] 配属話し合い
[レ] 初回ミーティング
[レ] タブレットアプリの企画

(第 2 回) 10/8/火

[レ] C言語演習: 基本文法
[レ] C言語演習: 配列
[レ] 楽器演奏演習: No.1,2,3
[レ] タブレットアプリ製作: 役割分担、画面設計
 タイトル: すみとも
 内容: 様々なエフェクトを通じて音の変化を楽しみつつすみと君と遊ぶ。
[レ] 公開講座の手伝い: 打ち合わせと準備
 江守当日手伝い

(第 3 回) 10/28/火

[レ] データ処理演習: C言語による一様乱数、LibreOffice による度数分布表作成
[レ] C言語演習: メモリ管理、メモリ操作
[レ] 楽器演奏演習: No.4,5,6
[レ] タブレットアプリ製作: アプリ開発初歩
 ボタン押したら画像を表示するアプリを作成して実機で動作

(11/4/火 保護者懇談会)

(11/11/火 学外実習発表会)

(第 4 回) 11/18/火

[レ] データ処理演習: C言語による正規乱数の生成(ボックス=ミュラー法)、LibreOffice による度数分布表作成
[レ] C言語演習: 構造体
[レ] タブレットアプリ製作: エフェクタの原理とアルゴリズムの調査

(第 5 回) 11/25/火

[レ] C言語演習: バイナリファイル
[レ] C言語演習: WAVEファイルの構造
[レ] タブレットアプリ製作: C言語でエフェクタのプログラム(実際にエフェクタのプログラミングする、1回目)
池田: ディレイ
高石: ローパス
八木: ピッチ変更
江守: ディストーション
中澤: 澄斗

(12/2/火 中間試験)

(第 6 回) 12/9/火

[レ] タブレットアプリ製作: C言語でエフェクタのプログラム(実際にエフェクタのプログラミングする、2回目)
池田: ディレイ → 完成
高石: ローパス → まだ → 完成(1/13)
八木: ピッチ変更 → ほぼ完成 → 完成(1/13)
江守: ディストーション → 完成
中澤: 澄斗 → まだ → 完成(1/13)


(第 7 回) 12/16/火

[レ] タブレットアプリ製作: 先週の続き + タブレットで音を出すプログラミング

(第 8 回) 1/13/火

[レ] タブレットアプリ製作: タブレットでエフェクトをかけるプログラミング

(第 9 回) 1/20/火

[レ] 楽器演奏演習: No.7,8
[レ] タブレットアプリ製作: 録音機能追加

(第 10 回) 1/27/火

[レ] タブレットアプリ製作: GUI部作成開始

(第 11 回) 2/3/火

[レ] タブレットアプリ製作: GUI部作成 → ほぼ完成。
[レ] 発表会スライド作成

(第 12 回) 2/24/火
[レ] 発表会