函館高専HP


  研究室紹介

 近年、異常気象により全国各地で集中豪雨や高潮が多発し、毎年のように水害による被害が報告されています。本研究室では、自然外力の脅威からいかに国土を保全するか、今後の防災・減災に関する研究を、「河川・砂防」及び「海岸・海洋」の視点から取り組んでいます。

  河川・砂防に関する研究目的 

 洪水氾濫や土石流による水害・土砂災害等は毎年のように全国各地で発生し、その発生回数も年々増加の一途を辿っています。その対策として、従来のハードウェアによる国土保全に加え、ソフトウェア対策の充実化が叫ばれています。
 本研究室は、天然ダム(堤防を含む)の崩壊や森林斜面の崩壊、河口砂州のフラッシュ等の現象解明及び理論構築に向けた研究を行い、今後の水防災対策の高度化の一助となる知見を収集しています。

  海岸・海洋に関する研究目的

 周囲が海に囲まれるわが国は、海に関わる災害が過去に数多く発生しています。それは、津波や高潮のように短期で甚大な被害が発生する災害から海岸侵食のように長期に渡って除々に被害が拡大する災害と様々です。また、長期の災害で今後懸念される問題として、地球温暖化による海面上昇が挙げられます。海面が上昇すると、いわゆる海抜ゼロメートル地帯と言われる沿岸部が浸水するとともに、地下水を介して塩水が陸地に浸入し、人間生活や自然環境に影響を及ぼすことも無視できない問題です。
 本研究室では、多種多様な海の水理現象を現地観測や模型実験、数値シミュレーションなどにより多面的に検討し、解明することで、今後の海防災に資する知見を得る研究を行っています。

  研究設備

可傾斜式3次元開水路装置
降雨発生装置付2次元凹型斜面水路 レイノルズ実験装置(学生実験用)
管水路装置(学生実験用) オリフィス実験装置(学生実験用)
三角堰(学生実験用)