single

トピックス

講演会「演劇がつなぐ 子どもとアートとサイエンス」が開催されました。 2012.07.10

JST(独立行政法人 科学技術振興機構)の『科学技術コミュニケーション推進事業活動実施支援』に採択された企画「科学演劇を取り入れた わかる科学講座」の一環として、下記のとおり講演会が開催されました。この企画は、科学技術を子どもたちへ伝える体験活動における新たなコミュニケーション手法として科学演劇の可能性を探ると共に、科学演劇を演じるサイエンス・パフォーマーの養成と実践を目指すものであり、今回の講演会は、そのキックオフに位置付けられるものです。

三名の講師の先生方からは、それぞれのご専門の立場から貴重なお話を伺うことができました。また、演劇、子どもの教育、サイエンス、それぞれに興味関心をお持ちの学生さんを含む53名の皆さまにご参加頂き、様々なご意見を頂くことができました。

ご講演頂いた講師の先生方、そして、ご参加頂いた皆様に御礼申し上げると共に、今後の活動に対するご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

なお、本企画「科学演劇を取り入れた わかる科学講座」の取り組みについてのお問い合せ、並びにサイエンス・パフォーマーやスタッフとしての活動に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

 

 連絡先:本企画実施責任者 本村真治(函館工業高等専門学校機械工学科)

Tel.0138-59-6409  e-mail  honmura@hakodate-ct.ac.jp

 

1.日 時 平成2476() 18:3020:00

2.会 場 函館市中央図書館大研修室(五稜郭町261号 ☎35-6800

3.対 象 演劇に興味のある方、子どもの教育に関心のある方ならどなたでも

4.参加料 無料

5.主 催 函館工業高等専門学校

6.協 力 サイエンス・サポート函館 http://www.sciencefestival.jp/

7.参加者 53

8.内 容 ※開催案内(チラシ)はこちら

 

【第1部】講演会 18:3019:30

講演1:「科学する心 未来をつくる力」

講師 美馬のゆり氏 

公立はこだて未来大学教授、サイエンス・サポート函館代表)

       講演2:「科学演劇の挑戦」

           講師 金森晶作氏

公立はこだて未来大学特別研究員、サイエンス・サポート函館コーディネーター)

       講演3:「演劇のもつ伝える力」

                     講師 伊藤嘉大氏

財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団函館芸術ホール主事)

 

【第2部】パネルディスカッション 19:3020:00

 

 

 

※写真の無断転載を禁じます。

不都合などございました直ちに削除いたしますのでご連絡ください。

連絡先:函館工業高等専門学校 総務課 Tel. 0138596316