single

トピックス

あの木製トラス橋が八雲町へ! 2015.06.19

 災害復旧用の応急橋として研究開発され、2010年に構内に完成した橋が、このほど八雲町に移設され、一般の人が通行できる歩道橋として供用されることになりました。5月16日(土)に専攻科棟の駐車場で解体作業が行われ、橋を一旦パーツに分解した状態で保管しました。その後、防腐処理、防錆処理を行い、6月13日(土)、八雲町鉛川の温泉旅館「おぼこ荘」にほど近い登山道に架設されました。この一連の移設計画は、環境都市工学科卒(平成27年卒)の石田いつかさんが立案し卒業研究としてまとめたものです。また、研究開発には、平成22年卒の吉田朋哉さんが卒業研究として携わりました。

 この度の移設では、管理者となる八雲町から町長、建設課の職員、八雲ワンダーフォーゲルの会員、地元高校生、工事を担当した函館市の戸沼岩崎建設(株)、八雲町の(有)小澤建設など、多くの人々が参加し、盛大に開通式も行われました。同時に「コロカムイの橋」の橋名が披露されました。これは、人と神の架け橋との意味が込められ、また村の守り神とのアイヌ語にも由来します。産学官の連携により実現したこの木製トラス橋は今後長期的に利用されていくことになります。

 

トピックス

2015.06.19 あの木製トラス橋が八雲町へ!

 災害復旧用の応急橋として研究開発され、2010年に構内に完成した橋が、このほど八雲町に移設され、一般の人が通行できる歩道橋として供用されることになりました。5月16日(土)に専攻科棟の駐車場で解体作業が行われ、橋を一旦パーツに分解した状態で保管しました。その後、防腐処理、防錆処理を行い、6月13日(土)、八雲町鉛川の温泉旅館「おぼこ荘」にほど近い登山道に架設されました。この一連の移設計画は、環境都市工学科卒(平成27年卒)の石田いつかさんが立案し卒業研究としてまとめたものです。また、研究開発には、平成22年卒の吉田朋哉さんが卒業研究として携わりました。

 この度の移設では、管理者となる八雲町から町長、建設課の職員、八雲ワンダーフォーゲルの会員、地元高校生、工事を担当した函館市の戸沼岩崎建設(株)、八雲町の(有)小澤建設など、多くの人々が参加し、盛大に開通式も行われました。同時に「コロカムイの橋」の橋名が披露されました。これは、人と神の架け橋との意味が込められ、また村の守り神とのアイヌ語にも由来します。産学官の連携により実現したこの木製トラス橋は今後長期的に利用されていくことになります。

 

学校案内

 学校長より
 校訓・教育目的・目標
 学校行事
 沿革
 アクセス
 組織・機構
 JABEEへの取組
 情報公開
 ダイヤルイン電話番号
 ロゴマークのダウンロード
 校章のダウンロード
 大学間連携共同教育推進事業
 障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領に基づく相談窓口

学科・専攻科

 アドミッションポリシー
 教育課程・シラバス
 教職員一覧
 生産システム工学科
 物質環境工学科
 社会基盤工学科
 一般人文系・一般理数系
 グローバルマネジメント履修コース
 専攻科

入学・入試

 本科入学試験情報
 専攻科入学試験情報
 編入学試験情報

研究・産学連携

 研究シーズ
 もっとやさしい研究紹介
 技術相談・共同研究
 受託研究・受託試験・寄付金
 地域共同テクノセンター
 函館高専教育研究支援基金
 函館高専地域連携協力会

学生生活

 授業料免除・奨学金制度
 いじめ防止基本方針
 学費の比較
 学生会
 クラブ活動
 寮生活
 総合学生支援センター
 求人・進学案内
 学生の表彰・懲戒
 国際交流事業
 卒業生の進路
 学生意見箱

広報・公開講座

 学校要覧
 公開講座
 出前講座
 学校説明・見学会
 一日体験入学会
 学校だより
 卒業生との交流について
 ラジオ番組

施設

 施設
 校内のご案内
 図書館
 共同利用施設
 総合学生支援センター
 地域共同テクノセンター
 技術教育支援センター