専攻科の制度

専攻科の学習教育目標、「複合型システム工学」教育プログラム

1.「複合型システム工学」教育プログラム

 本校では、本科の4学年から専攻科2年までの4年間に相当する学習・教育に対して一貫した一つのプログラムとして「複合型システム工学」教育プログラムを設定しました。専攻科を修了するときには、本教育プログラムの学習・教育目標のすべてが達成されていることから、専攻科と本プログラムの学習・教育目標は同じとしています。

 

 急速な進歩を遂げている産業社会において、システムは多くの分野にまたがる技術が複合された「複合型システム」へと進化しています。また、産業の国際化も急速に進んできています。そのなかで独創的なシステムを開発するためには、自らの専門分野はもちろんほかの分野やその学際的な領域の問題を、文化的価値とともに複眼的な視野で分析・総合し、創意を持ってデザインする能力が求められます。

 このような社会の状況を踏まえ、本教育プログラムでは自らの専門分野に加えて、複合的な領域における知識と素養、システムに対する理解力やデザイン能力、国際化に対応できるコミュニケーション基礎能力、高度な情報処理能力、並びに技術者倫理を持った質の高い実践的技術者の育成を目指し、以下の学習・教育目標を掲げました。

 

2.専攻科の学習・教育目標、「複合型システム工学」教育プログラムの学習・教育到達目標

 

本プログラムで育成する技術者像

 本プログラムで育成する技術者像は、主となる専門分野(機械工学系、電気電子工学系、情報工学系、物質工学系、環境都市工学系のいずれかの分野)の高度な知識と、他の専門分野の基礎知識を持ち、創造力、情報技術の活用能力、

技術者倫理、コミュニケーション能力、複合的なエンジニアリング能力などの幅広い能力を身に付け、国際的にも通用する実践的な技術者である。

 

A.創造力と実行力を持った技術者

(A-1) 自ら仕事を計画して継続的に実行し、まとめ上げることができる。
(A-2) チームの一員としての役割と責任を理解して自主的に行動できる。
(A-3) ものづくりのための創意工夫をすることができる。

B.専門技術に関する基礎知識を持った技術者

(B-1) 数学および物理や化学、生物などの自然科学の基礎知識を持っている。
(B-2) 基礎工学(設計・システム系、情報・論理系、材料・バイオ系、力学系、社会技術系)の基礎知識を持っている。
(B-3) 主となる専門分野の基礎知識、およびそれらと複合するための他の専門分野の基礎知識を持っている。
(B-4) 実験や実習、演習を通して専門工学における実践的な基礎技術を身につけている。

C.情報技術を活用できる技術者

(C-1) 情報処理を行うためのハードウエアやソフトウエアの基礎技術について理解している。
(C-2) データの分析や解析、グラフ化、設計・製図などにコンピュータを活用することができる。
(C-3) 情報の収集、整理およびプレゼンテーションに、コンピュータなどの情報技術を用いることができる。

D.社会の歴史や文化、技術者倫理を理解して行動できる技術者

(D-1) 国際社会の多様な歴史的背景や文化的価値観を理解できる。
(D-2) 科学技術が人間や社会、自然環境および未来の世代に与える影響を理解し、技術者の役割と責任を説明できる。
(D-3) 技術者としての実務を理解するとともに、社会に貢献することの意義を理解している。

E.多面的なコミュニケーション能力を持った技術者

(E-1) 技術的課題について自分の考えをまとめ、他者と討論できる。
(E-2) 技術的成果を正確な日本語を用いて論理的な文書にまとめることができる。
(E-3) 技術的成果を的確にプレゼンテーションすることができる。
(E-4) 国際的なコミュニケーションを行うための基礎的な英語理解力および表現力を持っている。

F.問題解決のためのデザイン能力を持った技術者

(F-1) システムを構成する要素技術についての知識を持ち、その知識をシステムの組み上げに応用できる。
(F-2) 問題解決のために複数の解決手法を考案し、それらを評価してその中から最適な解決策を提案できる。
(F-3) 複数の分野の専門技術を組み合わせて、要求を満たすシステムを提案できる。