学科・専攻科

生産システム工学科(機械コース・電気電子コース・情報コース)

生産システム工学科は,機械・電気電子・情報の知識を組み合わせて,人と環境のために役立つものづくりを実践できる技術者を育成することを目的とします。

生産システム工学科では、こんな生徒の入学を期待しています。

  • ロボットや自動車などのものづくりに興味のある人
  • 環境にやさしい新しいエネルギーの開発に挑戦したい人
  • 電子機器や通信をささえるエレクトロニクスに興味のある人
  • コンピュータやネットワークを利用したシステムを学びたい人
  • ものづくりを通して国際的に活躍したい人
生産システム工学科では、こんなことを勉強します。

環境にやさしい電気自動車や、高速ネットワークを利用した携帯端末など、技術革新によって優れた工業製品が次々と生み出されています。このような製品をつくるための知識と技術を学ぶ分野が生産システム工学です。地球環境や社会の安全・安心にも配慮した“ものづくり”を実現するためには、機械、電気電子、情報の知識を組み合わせて様々な課題解決に取り組む必要があります。さらに、自然エネルギーを利用した発電とエネルギーを安定供給するためのシステム開発、医療福祉や災害復旧、人の作業が困難な環境で活躍するロボット開発、ネットワークを利用して便利で快適な暮らしを実現するためのシステム開発など、技術者が取り組みべき課題は山積しており、活躍の場は世界へと広がっています。

生産システム工学科では、このような社会のニーズに応えるために、機械、電気電子、情報の各専門分野の基礎と応用を学び、それらを組み合わせて新分野での技術開発に挑戦できる実践的な技術者を育成するためのカリキュラムを用意しています。

学生からのメッセージ

機械系の専門を学ぶ
瀧瀬 愛梨さん
(生産システム工学専攻1年)
鹿部中学校卒業

私は専攻科で高生産性溶射システムの開発に取り組んでいます。高専に対して敬遠をしてしまいがちな女の子は多いと思いますが、ものづくりにおいて男女は関係ありません。やってみて初めてわかる面白さや興味、自分自身の強みを高専ならたくさん見つけることが出来ますよ!

電気電子系の専門を学ぶ
中村 勇太さん
(電気電子工学科5年)
浜分中学校卒業

高専の授業で習う範囲と自分努力で電気主任技術者3種や電気工事士などの国家資格をとることもできます。私は在学中にどちらも取りました。わからないことは先生方に質問すると教えてくれるので勉強しやすいし、資格を取ると就職などの選択肢もさらに広がるので、オススメです。

情報系の専門を学ぶ
井口 泰隆さん
(情報工学科5年)
深堀中学校卒業

情報分野の学習過程では、授業で習った知識が実験を通して力に変わります。こんなスタイルで、ネットワークを作ったり、ゲームを作ったり確実に自分の力になります。僕は卒業研究で、授業で習ったプログラミングを活かして、Androidアプリに挑戦しています。

先生からのメッセージ

森谷 健二先生
【電気電子系 准教授 博士(工学) 専門分野:生体工学、計測工学】

私の研究室ではニワトリの卵を胎児の母体独立成長モデルとして、心拍数や体動情報などから遺伝子解析では現れない異常成長診断や病気の予知を目指しています。また、在宅看護を目的とした遠隔安全管理ロボットや高齢者の薬の飲み忘れ防止装置の開発なども行っていて、病院や介護施設と一緒に研究しています。生産システム工学科では自らの核となる分野と生産系ものづくりに必要な幅広い分野を学ぶこともできて、さらに例えば医療介護・生体分野を連携させた研究もできます。皆さんの力を様々な分野で社会に役立てませんか?お待ちしています。

専攻科紹介 生産システム工学専攻

不整地走破ロボットの開発チーム

研究例 新しいロボットの研究を通して、ものづくりに関する専門性を高めています。

「実生活に役立つロボット開発」の事例紹介
現在、力をいれているのは福祉ロボットとレスキューロボットです。本研究室では各自がロボットの機体を製作し、制御プログラムを考案します。この行程に独自のアイデアを付加して、世の中にない自分だけのロボットを2年間かけて完成させます。これまでに手先の不自由な方用の食事用箸型自動器具、車いす用採拾自助器具、レスキュー用郡ロボットシステム、不整地走破用ロボット等を開発してきました。はじめは失敗の連続ですが、完成したときの達成感はとても大きく、将来の実用化を目指して研究を進めています。(機械制御研究室)