single

お知らせ

「タイ・日ゲームプログラミングハッカソン大会 日本ラウンド」 において本校チームが第3位となりました! 2018.03.27

 平成30年3月10日(土)~13日(火)の4日間にわたり,森町赤井川のグリーンピア大沼を会場として開催された「タイ・日ゲームプログラミングハッカソン大会 日本ラウンド」に,本校から1-1中村碧さん,高橋風輝さん,1-3瀧川陸さんの3人で構成するチーム”Hakoichi”が参加しました。
 この大会は,タイ王国に派遣中の青年海外協力隊員が中心となって企画・運営し,タイの高校生と日本のKOSEN(高専)生がゲームのプログラムを開発し,その完成度を競うことを通じて,それぞれの力を伸ばし,加えて,双方の理解促進という交流の目的をもった大会です。
 この日本ラウンドには,タイ王国プリンセスチュラポーンサイエンスハイスクール(PCSHS)の高校生3チームと,日本の国立高専より選抜された3高専(函館,八戸,長野)からの3チームの計6チームが参加し,ユニティ・テクノロジー社のゲームエンジン「Unity」を利用したゲームのプログラム制作を行いました。なお、タイ王国の3チームは、昨年11月にタイ国内のPCSHS 12校から各3名が参加して行われたタイ王国ラウンドで優秀な作品を制作し、勝ち上がった高校生たちです。
 初日の10日には開会式と歓迎交流会,11日はユニティ・テクノロジー社の講師を迎えて講義を受け,その後約2日間にわたってゲーム制作を行い,13日午後からは,各チームのプレゼンテーションと審査が行われました。
 審査後には,各チームが制作したゲームを参加者が皆で一緒になってプレーして楽しみました。
 審査の結果,第1位はPCSHSのチーム”Hokkaido”,第2位はPCSHSのチーム”NTW”,そして本校のチーム”Hakoichi”が見事に第3位となりました。
 本校チームは,イカと相撲をコンセプトにしたゲームを制作し,土俵上でイカが押し相撲を取りながら勝敗を競いますが,土俵の真上から大勢の力士が降ってきて,その取り組みを邪魔する内容のものであり,日本の国技である「相撲」と函館市の魚である「イカ」を組み合わせたユニークな内容のものです。
 この大会に参加したタイの高校生と日本の高専生は,3泊4日のイベント期間中寝食を共にし,雪合戦の息抜きを挟みながら,連日,夜遅くまで制作に没頭しており,国境を越えた「ゲーム・クリエーター」としての強い絆が出来上がったようでした。この絆が,両国の更なる友好関係の発展に繋がることを期待します。

 (参考)ハッカソン(Hackathon)とは,広い意味でソフトウェアのエンジニアリング
    を指すハック(Hack)とマラソン(Marathon)を併せた造語であり,短期間に
    集中的に共同作業でサービスやシステム,アプリケーションなどの開発を行い,
    そのアイディアと技術を競うイベントです。

        -大会パネル-

       -開会式の様子-

     -日本式”乾杯”でスタート-

        -制作の様子-

    -本校チームプレゼンの一コマ-

       -皆で楽しむ!-

        -表彰式の様子-

     -参加者の健闘を讃えて-

お知らせ 詳細

2018.03.27 「タイ・日ゲームプログラミングハッカソン大会 日本ラウンド」 において本校チームが第3位となりました!

 平成30年3月10日(土)~13日(火)の4日間にわたり,森町赤井川のグリーンピア大沼を会場として開催された「タイ・日ゲームプログラミングハッカソン大会 日本ラウンド」に,本校から1-1中村碧さん,高橋風輝さん,1-3瀧川陸さんの3人で構成するチーム”Hakoichi”が参加しました。
 この大会は,タイ王国に派遣中の青年海外協力隊員が中心となって企画・運営し,タイの高校生と日本のKOSEN(高専)生がゲームのプログラムを開発し,その完成度を競うことを通じて,それぞれの力を伸ばし,加えて,双方の理解促進という交流の目的をもった大会です。
 この日本ラウンドには,タイ王国プリンセスチュラポーンサイエンスハイスクール(PCSHS)の高校生3チームと,日本の国立高専より選抜された3高専(函館,八戸,長野)からの3チームの計6チームが参加し,ユニティ・テクノロジー社のゲームエンジン「Unity」を利用したゲームのプログラム制作を行いました。なお、タイ王国の3チームは、昨年11月にタイ国内のPCSHS 12校から各3名が参加して行われたタイ王国ラウンドで優秀な作品を制作し、勝ち上がった高校生たちです。
 初日の10日には開会式と歓迎交流会,11日はユニティ・テクノロジー社の講師を迎えて講義を受け,その後約2日間にわたってゲーム制作を行い,13日午後からは,各チームのプレゼンテーションと審査が行われました。
 審査後には,各チームが制作したゲームを参加者が皆で一緒になってプレーして楽しみました。
 審査の結果,第1位はPCSHSのチーム”Hokkaido”,第2位はPCSHSのチーム”NTW”,そして本校のチーム”Hakoichi”が見事に第3位となりました。
 本校チームは,イカと相撲をコンセプトにしたゲームを制作し,土俵上でイカが押し相撲を取りながら勝敗を競いますが,土俵の真上から大勢の力士が降ってきて,その取り組みを邪魔する内容のものであり,日本の国技である「相撲」と函館市の魚である「イカ」を組み合わせたユニークな内容のものです。
 この大会に参加したタイの高校生と日本の高専生は,3泊4日のイベント期間中寝食を共にし,雪合戦の息抜きを挟みながら,連日,夜遅くまで制作に没頭しており,国境を越えた「ゲーム・クリエーター」としての強い絆が出来上がったようでした。この絆が,両国の更なる友好関係の発展に繋がることを期待します。

 (参考)ハッカソン(Hackathon)とは,広い意味でソフトウェアのエンジニアリング
    を指すハック(Hack)とマラソン(Marathon)を併せた造語であり,短期間に
    集中的に共同作業でサービスやシステム,アプリケーションなどの開発を行い,
    そのアイディアと技術を競うイベントです。

        -大会パネル-

       -開会式の様子-

     -日本式”乾杯”でスタート-

        -制作の様子-

    -本校チームプレゼンの一コマ-

       -皆で楽しむ!-

        -表彰式の様子-

     -参加者の健闘を讃えて-

学校案内

 学校長より
 校訓・教育目的・目標
 学校行事
 沿革
 アクセス
 組織・機構
 JABEEへの取組
 情報公開
 ダイヤルイン電話番号
 ロゴマークのダウンロード
 校章のダウンロード
 大学間連携共同教育推進事業
 障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領に基づく相談窓口

学科・専攻科

 アドミッションポリシー
 教育課程・シラバス
 教職員一覧
 生産システム工学科
 物質環境工学科
 社会基盤工学科
 一般人文系・一般理数系
 グローバルマネジメント履修コース
 専攻科

入学・入試

 本科入学試験情報
 専攻科入学試験情報
 編入学試験情報

研究・産学連携

 研究シーズ
 もっとやさしい研究紹介
 技術相談・共同研究
 受託研究・受託試験・寄付金
 地域共同テクノセンター
 函館高専教育研究支援基金
 函館高専地域連携協力会

学生生活

 授業料免除・奨学金制度
 いじめ防止基本方針
 学費の比較
 学生会
 クラブ活動
 寮生活
 総合学生支援センター
 求人・進学案内
 学生の表彰・懲戒
 国際交流事業
 卒業生の進路
 学生意見箱

広報・公開講座

 学校要覧
 公開講座
 出前講座
 学校説明・見学会
 一日体験入学会
 学校だより
 卒業生との交流について
 ラジオ番組

施設

 施設
 校内のご案内
 図書館
 共同利用施設
 総合学生支援センター
 地域共同テクノセンター
 技術教育支援センター