松永智子先生 【所属】物質工学科・助教 材料物性系・バイオ環境系・グローバルマネジメント系

【学位】博士(水産学)

【専門分野】海洋天然物化学

「物質環境工学」なんて、聞きなれない言葉ですよね。でも、あまり難しく考えないでください。キーワードは“化学”です。化学は裾野の広い分野で、実際に物質環境工学科で行っている研究の対象も、電池やガラスから植物・海洋生物までと、とても幅広いものです。私が行っているのは、自然から新しい化合物を見つける(例えばノーベル化学賞をとったオワンクラゲの蛍光タンパク質みたいに!)という宝探しのような研究で、ワクワクの連続です。皆さんも家での手伝いや理科の実験などで、“面白い!”と思った瞬間があると思います。“面白い!”と思えることは、技術者・研究者への第一歩。身近な「!」を追求できる高専で一緒に学んでみませんか?