single

学生生活の日常風景

シンガポールRepublic Polytechnic学生との国際交流プログラムを実施しました 2014.10.16

平成26年9月15日から21日の日程で、シンガポールRepublic Polytechnic(RP)の学生24名が来函し、本校において国際交流プログラムを実施しました。今年度でRPからの訪問は3回目となります。

 今回のプログラムでは「食品の抗酸化能を調べる」というテーマで実験が実施され、私たちが普段口にする食品の抗酸化能について調べてみました。試料(食品)を選びピペットで希釈してからDPPH溶液を添加し、吸光度を測定しました。最後に得られた吸光度のデータをグラフにして考察を行います。実験を通じて食品が酸化する化学的なしくみと食品の抗酸化力について理解を深めるとともに、英語によるコミュニケーションを通して共同作業を行ないました。

参加した本校学生14名(本科2年生~専攻科生)は、慣れない英会話に戸惑いながらも、一所懸命努力をしてピペットの使い方や実験の方法についてコミュニケーションを取り、最終的には実験内容についてグループ毎で英語のプレゼンテーションを行い、達成感を得られたようです。

実験以外にも市内観光をグループで案内したほか、恵山登山や都市国家シンガポールでは触れる事のない酪農体験で仔牛を触るなど、RP学生は函館を十分に楽しんでくれたようです。空港での見送りでは約一週間で築かれた学生同士の友情の絆を垣間見ることができ、参加学生はインターネット等で今後もRP学生との交流が続くものと思われます。

 

学生生活の日常風景 詳細

2014.10.16 シンガポールRepublic Polytechnic学生との国際交流プログラムを実施しました

平成26年9月15日から21日の日程で、シンガポールRepublic Polytechnic(RP)の学生24名が来函し、本校において国際交流プログラムを実施しました。今年度でRPからの訪問は3回目となります。

 今回のプログラムでは「食品の抗酸化能を調べる」というテーマで実験が実施され、私たちが普段口にする食品の抗酸化能について調べてみました。試料(食品)を選びピペットで希釈してからDPPH溶液を添加し、吸光度を測定しました。最後に得られた吸光度のデータをグラフにして考察を行います。実験を通じて食品が酸化する化学的なしくみと食品の抗酸化力について理解を深めるとともに、英語によるコミュニケーションを通して共同作業を行ないました。

参加した本校学生14名(本科2年生~専攻科生)は、慣れない英会話に戸惑いながらも、一所懸命努力をしてピペットの使い方や実験の方法についてコミュニケーションを取り、最終的には実験内容についてグループ毎で英語のプレゼンテーションを行い、達成感を得られたようです。

実験以外にも市内観光をグループで案内したほか、恵山登山や都市国家シンガポールでは触れる事のない酪農体験で仔牛を触るなど、RP学生は函館を十分に楽しんでくれたようです。空港での見送りでは約一週間で築かれた学生同士の友情の絆を垣間見ることができ、参加学生はインターネット等で今後もRP学生との交流が続くものと思われます。

 

学校案内

 学校長より
 校訓・教育目的・目標
 学校行事
 沿革
 アクセス
 組織・機構
 JABEEへの取組
 情報公開
 ダイヤルイン電話番号
 ロゴマークのダウンロード
 校章のダウンロード
 大学間連携共同教育推進事業
 障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領に基づく相談窓口

学科・専攻科

 アドミッションポリシー
 教育課程・シラバス
 教職員一覧
 生産システム工学科
 物質環境工学科
 社会基盤工学科
 一般人文系・一般理数系
 グローバルマネジメント履修コース
 専攻科

入学・入試

 本科入学試験情報
 専攻科入学試験情報
 編入学試験情報

研究・産学連携

 研究シーズ
 もっとやさしい研究紹介
 技術相談・共同研究
 受託研究・受託試験・寄付金
 地域共同テクノセンター
 函館高専教育研究支援基金
 函館高専地域連携協力会

学生生活

 授業料免除・奨学金制度
 いじめ防止基本方針
 学費の比較
 学生会
 クラブ活動
 寮生活
 総合学生支援センター
 求人・進学案内
 学生の表彰・懲戒
 国際交流事業
 卒業生の進路
 学生意見箱

広報・公開講座

 学校要覧
 公開講座
 出前講座
 学校説明・見学会
 一日体験入学会
 学校だより
 卒業生との交流について
 ラジオ番組

施設

 施設
 校内のご案内
 図書館
 共同利用施設
 総合学生支援センター
 地域共同テクノセンター
 技術教育支援センター