single

学生生活の日常風景

「第7回JKJO全日本ジュニア選手権大会で第3位に入賞!」 2014.05.12

 平成26年1月26日(土)に東京都渋谷区の国立代々木競技場・第一体育館で行なわれた「第7回JKJO全日本ジュニア選手権大会」において、本校の社会基盤工学科第2学年の田家康平(たや こうへい)さんが高校男子70kg以上の階級で第3位に入賞しました。

 この大会は、一般社団法人JKJO(全日本空手審判機構)フルコンタクト委員会が主催し、ジュニア世代では最大規模空手道大会であり、かつ、蹴りや突きを寸止めせずに防具を着けて殴り合うフルコンタクト(直接打撃制)空手の頂点とも言うべき大会です。

 大会は、全国10地区の予選を勝ち抜いた高校生以下の男女1164人が学年と体重別の33階級で日本一を競いましたが、全国から15名の精鋭が出場した高校男子70kg以上の階級で、田家さんは第3位に入賞する活躍をみせました。

 3月28日(金)には、北海道庁に高橋はるみ知事を訪ねて入賞報告をし、高橋知事からは「さらに技を磨き、頂点を目指してください」との励ましの言葉をいただきました。

 今後、ますますの活躍が期待されます!

全国大会の入賞者が一堂に  

       ― 全国大会の入賞者が一堂に ―           ― 高橋北海道知事と一緒に(前列左端が田家さん) ―