single

学生生活の日常風景

シンガポールRepublic Polytechnicとの国際交流プログラムを実施しました。 2017.10.16

 平成29年9月18日から23日の日程で、シンガポールRepublic PolytechnicのSchool of Applied Scienceに所属する学生24名が来函し、本校において国際交流プログラムを実施しました。

 今回のプログラムでは、人工イクラをテーマとした科学現象について、実験を行うことで理解を深めるとともに、英語によるコミュニケーションを通じて共同作業を行うことにより、国際交流や異文化理解への関心を高めるきっかけを作ることを目的としています。参加した本校学生(本科2年生~専攻科生)は、慣れない英会話に戸惑いながらも、一生懸命努力をしてコミュニケーションを取り、最終的には一緒に実験内容のプレゼンテーションを行うまでに至り、達成感を得られたようです。

 また、日本文化体験として茶道や餅つきを体験したほか、市内企業の工場見学や大沼国定公園・函館市内を観光するなど、シンガポールの学生は函館での滞在を楽しんでいました。

 

 From September 18th to 23th, 24 students in the department of School of Applied Science of Republic Polytechnic (RP), Singapore visited Hakodate and participated in the international exchange program at National Institute of Technology, Hakodate College (NIT).

 The purpose of this program is to understand a scientific phenomenon through the experiment of artificial salmon roe and to expand student interest in international exchange and diverse cultures by communicating in English. The students from NIT had some difficulty in talking in English but they tried hard to communicate with the RP students and made a presentation together at the final phase of the PBL session.

 The RP students experienced Japanese tea ceremony and making rice cake to learn Japanese culture and enjoyed a field trip to a local factory and sightseeing in Onuma Quasi-National Park and Hakodate.

実験する学生たち 茶道体験の様子
実験する学生たち 茶道体験の様子
餅つきの様子 集合写真
餅つきの様子 集合写真