single

学生生活の日常風景

2年社会基盤工学科の34名が『建設現場見学・学習会』に参加しました。 2016.10.14

 道南の建設会社で組織される「函館建青会」の主催で、「建設現場見学・学習会」が10月7日(金)に開催され、2年社会基盤工学科34名と引率教員3名が参加しました。道庁渡島総合振興局発注で、現在函館市日吉町の道道文教通に工事が進められているボックスカルバートの建設現場を見学しました。このほか、大型重機の乗車体験、ターゲットを自動追尾する最新の測量機器の実習、スマホを活用した工事写真管理についての学習もおこない、普段教室では学べない貴重な経験ができました。その後市内ホテルに移動し、班ごとに建設技術者を囲んで建設業の仕事とは、仕事のやりがいなどディスカッションを行いました。最初はおとなしかった学生もたくさん発言するようになり、予定の時間では足りなくなってしまいました。この見学・学習会を通して、2年社会基盤工学科のみんなは土木工学への向学心が高まり、更には地元建設会社が私たちの暮らしを便利にし、安全にしていることが理解できました。

1:重機に乗ってみました。

1:重機に乗ってみました。

2:新聞社の取材を受ける2Z学生。

2:新聞社の取材を受ける2Z学生。

3:100トンクレーンと大型ボックスカルバート。

3:100トンクレーンと大型ボックスカルバート。

4:施工法を学ぶ2Z学生。

4:施工法を学ぶ2Z学生。

5:主催者から地元建設会社の説明を聞く。

5:主催者から地元建設会社の説明を聞く。

6:円卓を囲んで活発に討論しました。

6:円卓を囲んで活発に討論しました。

学生生活の日常風景 詳細

2016.10.14 2年社会基盤工学科の34名が『建設現場見学・学習会』に参加しました。

 道南の建設会社で組織される「函館建青会」の主催で、「建設現場見学・学習会」が10月7日(金)に開催され、2年社会基盤工学科34名と引率教員3名が参加しました。道庁渡島総合振興局発注で、現在函館市日吉町の道道文教通に工事が進められているボックスカルバートの建設現場を見学しました。このほか、大型重機の乗車体験、ターゲットを自動追尾する最新の測量機器の実習、スマホを活用した工事写真管理についての学習もおこない、普段教室では学べない貴重な経験ができました。その後市内ホテルに移動し、班ごとに建設技術者を囲んで建設業の仕事とは、仕事のやりがいなどディスカッションを行いました。最初はおとなしかった学生もたくさん発言するようになり、予定の時間では足りなくなってしまいました。この見学・学習会を通して、2年社会基盤工学科のみんなは土木工学への向学心が高まり、更には地元建設会社が私たちの暮らしを便利にし、安全にしていることが理解できました。

1:重機に乗ってみました。

1:重機に乗ってみました。

2:新聞社の取材を受ける2Z学生。

2:新聞社の取材を受ける2Z学生。

3:100トンクレーンと大型ボックスカルバート。

3:100トンクレーンと大型ボックスカルバート。

4:施工法を学ぶ2Z学生。

4:施工法を学ぶ2Z学生。

5:主催者から地元建設会社の説明を聞く。

5:主催者から地元建設会社の説明を聞く。

6:円卓を囲んで活発に討論しました。

6:円卓を囲んで活発に討論しました。

学校案内

 学校長より
 校訓・教育目的・目標
 学校行事
 沿革
 アクセス
 組織・機構
 JABEEへの取組
 情報公開
 ダイヤルイン電話番号
 ロゴマークのダウンロード
 校章のダウンロード
 大学間連携共同教育推進事業
 障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領に基づく相談窓口

学科・専攻科

 アドミッションポリシー
 教育課程・シラバス
 教職員一覧
 生産システム工学科
 物質環境工学科
 社会基盤工学科
 一般人文系・一般理数系
 グローバルマネジメント履修コース
 専攻科

入学・入試

 本科入学試験情報
 専攻科入学試験情報
 編入学試験情報

研究・産学連携

 研究シーズ
 もっとやさしい研究紹介
 技術相談・共同研究
 受託研究・受託試験・寄付金
 地域共同テクノセンター
 函館高専教育研究支援基金
 函館高専地域連携協力会

学生生活

 授業料免除・奨学金制度
 いじめ防止基本方針
 学費の比較
 学生会
 クラブ活動
 寮生活
 総合学生支援センター
 求人・進学案内
 学生の表彰・懲戒
 国際交流事業
 卒業生の進路
 学生意見箱

広報・公開講座

 学校要覧
 公開講座
 出前講座
 学校説明・見学会
 一日体験入学会
 学校だより
 卒業生との交流について
 ラジオ番組

施設

 施設
 校内のご案内
 図書館
 共同利用施設
 総合学生支援センター
 地域共同テクノセンター
 技術教育支援センター